防音パネルよりも音でマスキングしたほうがコスパがいい!?

オフィスの防音対策として壁面に取り付けるパネルがよく使われているそうです。

たとえばこういう商品が使われていますが、やはり家庭向けのが多そうです。


吸音パネル「ソット」って何?

https://kabe.tomoyasu.co.jp/wallpanel/sotto.html?gclid=CjwKCAjwsMGYBhAEEiwAGUXJaXx3ekevptK8Gfxu9RAhp9AKNT1EWjxadEkeRvNtquxyYjIE-402hRoCcI4QAvD_BwE


オフィス向けとなると空間の平米数にもよりますが、防音パネルの方が高く付く可能性があります。

DIYができるのであれば安く済ませれるかもしれませんが、ちょっと面倒だったりしますよね、、、


一方音で防音・遮音対策するとなると、スピーカーの取付は簡単で、そこに音を流せばある程度はマスキングされます。(機器の設置箇所や流すコンテンツによって効果に差があります)


加えてインテリアを汚さないなど雰囲気を維持することができますし、逆に音で雰囲気をおしゃれにすることだってできます。


理想的なのはパネルと音両方を取り入れることです。


もし、マスキングのことでお困りの方は弊社に連絡してみてください。







閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

神山聴景事務所です。 あなたのオフィスで何かしら防音対策をされたことはありますか? パーテーション・防音パネルがメインの対策になりますが、空間を完全に仕切るわけでは無いのでどうしても音が漏れてしまいますよね。 物理的に防音できる装置を使うと音は完全に聞こえてこないと期待する方が多いです。 しかし実際は想像以上に音が漏れます。 規模の小さなオフィスだとパーテーションやパネルを使っても普通に音が聞こえ

「防御しようとしたら刺してしまった…」 騒音トラブルか 静岡・熱海市の男を殺人容疑で送検 https://news.yahoo.co.jp/articles/cee3ccd91a8b8d7408e37ae40618e0ca35c3acea このようなニュースを時々見かけます。 住宅の騒音問題を結構深刻ですね。なかなか防音対策使用にもDIYするのも結構面倒だったりします。 昼間だとよほど大きな物音で